株式会社フリーダムリンクは、相続・不動産分野において「お客様の資産と利益を守る」ファイナンシャル・プランナー(FP)の会社です
ホーム > 不動産売買契約書の見方 > 不動産の売買契約と売買契約書(不動産売買契約書の見方)

不動産の売買契約と売買契約書(不動産売買契約書の見方)

不動産の売買契約と売買契約書

売買契約とは、売主があるものを買主に引き渡すことを約束し、買主がその対価として代金を支払うことを約束する契約です。

■不動産の売買契約

これを不動産の売買契約に当てはめて考えてみましょう。

不動産の売買契約では、売主が土地・建物などを買主に引き渡すことを約束し、買主は売主に対してその代金を支払う約束をすることになります。

本来、売買契約は、当事者の合意で成立するため、必ずしも契約書の作成を必要としません。

しかし、不動産の売買契約においては、契約書を作成するのが一般的になっています。

■売買契約書

なぜ、不動産売買契約においては契約書を作成することが一般的になっているのでしょうか?

・権利義務が明確化される
・紛争が生じた場合に証拠となる
・不動産売買では、当事者が契約書に署名押印することにより、契約が成立すると考えられている場合が多い

このような理由が挙げられますが、実はもう一つ大きな理由があります。

不動産取引の法律である宅地建物取引業法では、不動産取引における当事者間の紛争を防止するために、その取引に携わる不動産業者に契約内容を記載した書面の交付を義務付けています。

不動産業者は、契約書を交付することで、この義務を果たしているとされているのです。

CFP 永田 博宣

Copyright ©  2017   株式会社フリーダムリンク  All rights reserved.